ルーマニア

ヨーロッパの南東に位置し、北はウクライナ、モルドバ、西はハンガリー、南はブルガリアと接し、東に黒海が広がる。

東ヨーロッパの重要なワイン産地。

2007年にEUに加盟した。

目次

生産量

約420万hl(2017年)

歴史

ワイン造りは、4000年以上の歴史がある

ブドウ品種

メルロー、ヴェルシェリースリングなどの国際品種もあるが、土着品種が重要。

まず、「フェテアスカ」は、日本語では乙女、「バベアスカ」が貴婦人のこと、この単語を覚える。

  • フェテアスカ・アルバ・・・「白い乙女」、白ブドウ品種
  • フェテアスカ・レガーラ・・・「高貴な乙女」、白ブドウ品種
  • バベアスカ・ネアグラ・・・「黒い貴婦人」、黒ブドウ品種

ワイン法と分類

EUの規定に準じている。

  • DOC・・原産地呼称保護、33件
  • IGP・・地理的表示保護、12件

ヴァラエタルワイン・・ブドウ品種表示。85%ルール

産地

主要な産地は以下の2つ。

  • デアルリレ・モルドヴェイ(モルドヴェイ)・・モルドヴァが聞きなじみのある単語。ルーマニアで一番広く、歴史の古いブドウ栽培地方。東側、黒海側。
  • ポディシュル・トランシルヴェニエイ(トランシルヴェニエイ)・・トランシルヴァニアが聞きなじみがある単語。カルパチア山脈に囲まれた地方。ルーマニア中央部。

収穫時期を表す分類

DOC-CMD・・完熟期に収穫

DOC-CT・・遅摘みブドウ

DOC-CIB・・貴腐ブドウ

DOCを除くと、3文字、2文字、3文字。CMDの”M”は、Maturitate=円熟のこと。英語だとMaturity=円熟のこと。3文字でMは、完熟期と覚えると覚えられるかも。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次