モルドバ

モルドバのブドウ園の風景

モルドバは、黒海の北西に位置し、ウクライナ、ルーマニアに囲まれた国で、1991年に独立。

北緯45度~48度。(ブルゴーニュが47度であり、ほぼ同緯度に位置する)

モルドバワインは、コウノトリとブドウがワークが使用されており、ラベルに表示されている。

モルドバのワインのマークは、コウノトリとブドウ

目次

歴史

ワイン造りは、5000年の歴史がある。

気候風土

北緯45度~48度。

穏やかな大陸性気候

ブドウ品種

国際品種が約7割。

白ブドウ65%

品種分類補足
フェテアスカ・アルバ白ワイン用ルーマニア語で「白い乙女」
フェテアスカ・レゲーラ白ワイン用ルーマニア語で「高貴な乙女」
フェテアスカ・ネアグラ赤ワイン用ルーマニア語で「黒い乙女」
ララ・ネアグラ赤ワイン用ララは「貴重」という意味
主な土着品種

※土着品種はルーマニアでも登場します。

ワイン法と品質分類

DOP(原産地呼称保護)・・2

IGP(地理的呼称保護)・・4

産地

中央部 コドゥル(Codru、IGP)

全般 ディヴィン(Divin、IGP)・・ワインスピリッツ(ブランデー)

ディヴァンは、ワインスピリッツのIGP

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次